最新情報

  • 2017 November.5 新しい焙煎豆が届きました!

ジュリアとフローレス・クニンの新しい焙煎豆が到着しました。いずれもフローレス島マンガライの貴重なティピカ種です。ぜひ新焙煎でお楽しみください。

 

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎

 

  • 2017 Sept.10 ジュリア・コーヒーのカッピング評価が出ました!

専門家によるジュリア・コーヒーのカッピング評価です。

(2015年度収穫豆)

 

Aroma 7.75

Flavor 7.5

Aftertaste 7

Acidity 7.25

Body 7

Balance 7

Uniformity 10

Cleanness 10

Sweetness 10

Overall 7.25

 

Total 80.75

 

クリーンカップで、ナッツ、チョコレートなどティピカ種の特徴がよく出ている。

 

  • 2017 Sept.9 新しい焙煎豆が入荷しました!

ジュリア・コーヒー(ウォッシュト・プロセス)100g・150gパック、フローレス・クニン150gパックの新しい焙煎豆が入荷しました。いずれも2016年のクロップです。

 

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎

 

  • 2017 July.25 100gのパッケージが新登場です!

これまでの150gに加え、ジュリア・ウォッシュトの100gのパッケージが新登場いたしました。(現在は、2015年度収穫のみご用意があります)まずは、ちょっとジュリア・コーヒーを試してみたいというかたにおすすめです!

 

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎

 

  • 2017 June.20 ジュリア ウォッシュト2015 入荷しました!

2015年度収穫のジュリア・ウォッシュトが再び入荷しました!収穫年度は2015年ですが、新クロップと比べると水分含有量が少なく焙煎が安定するというメリットがあります。ワインでいうボジョレーヌーボーとエイジドワインの違いと言っても良いかもしれません。

 

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎

 


  • 2017 Mar.26 黄色い果実  フローレス・クニン

 フローレス島マンガライでは、ジュリアの他にも貴重なコーヒーがあります。現地では、Colombia Kuning(コロンビア・クニン)と呼ばれる黄色く熟すコーヒーです。 

「黄色いコロンビア」という意味で、コロンビアと名がつくので、コロンビアのコーヒーと勘違いしてしまいそうですが、インドネシアでは、この土地だけで作られています。品種はイエロー・カツーラで、197080年代の間に、カトリックの聖職者によってもたらされたと言われています。

 

ピーチやバナナ、バニラを感じさせる風味、ジューシーなのにクリーミィーな口当たり、最後に香ばしいナッツ感としっかりとした甘みの余韻が心地よく続きます。

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎

 

  • 2017 Feb.20 ニュークロップ(2016年収穫豆)が入荷しました!

ニュークロップのジュリア・コーヒー ウォッシュト・プロセスが入荷しました!2016年は、初のナチュラル・プロセス、ハニー・プロセスと3種類のプロセスでご用意ができました。ジュリア・コーヒーのプロセスの違いによる風味のバラエティをぜひお楽しみください。

 

精選方法の違いは以下の通りです。

主な特徴は乾燥のタイミングにあります。

 

・ウオッシュド・プロセス

収穫後、コーヒーの果肉を取り除いた後、ミューシレージの(粘質)を約一晩かけて分解剥離させます。その後、水洗いをして乾燥させ、パーチメントを脱穀します。詳しくは、収穫とプロセスのページをご覧ください。

 

・ナチュラル・プロセス

収穫後のコーヒーの果実を果肉のついたまま乾燥させ、その後、果肉やミューシレージ、パーチメントを一緒に脱穀する方法です。

 

・ハニー・プロセス

収穫後のコーヒーの果肉を取り除いた後、ミューシレージのついたままの状態で、乾燥します。その後、パーチメントを脱穀します。

  

 

フローレス・クニンも新ローストが入荷いたしました!

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎

  • 2017 Jan.11 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、ジュリア・コーヒーが、インドネシア国内のマーケットでも「ジュリア・マンガライ」の名称で、高値で取引されるようになりました。私たちのプロモーションの成果が、実りつつある年でした。

 

本年も、フローレス島マンガライの生産者と世界のコーヒーを愛する方々への架け橋となれますよう、努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

ジュリア・コーヒー(ウォッシュト・プロセス)、イエロー・カツーラが入荷いたしました!

 

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎

 

  • 2016 Nov. 30 新しい焙煎豆が入荷しました!

 ジュリア・コーヒー初めてのナチュラル・プロセスが誕生しました!ジュリア・コーヒーの精選のプロセスの違いによる風味の違いをぜひお楽しみください。

 

精選方法の違いは以下の通りです。

主な特徴は乾燥のタイミングにあります。

 

・ウオッシュド・プロセス

収穫後、コーヒーの果肉を取り除いた後、ミューシレージの(粘質)を約一晩かけて分解剥離させます。その後、水洗いをして乾燥させ、パーチメントを脱穀します。詳しくは、収穫とプロセスのページをご覧ください。

 

・ナチュラル・プロセス

収穫後のコーヒーの果実を果肉のついたまま乾燥させ、その後、果肉やミューシレージ、パーチメントを一緒に脱穀する方法です。

 

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎ 

 

  • 2016 Oct. 8 オータムセールのお知らせ

 肌寒い日も少しずつ多くなり、温かいコーヒーがより美味しい季節となりました。ご好評いただきましたサマーセールに続き、秋季限定の特別価格をご用意いたしました。ぜひご利用ください。

(オータムセール期間:10月8日〜11月23日まで)

 

ジュリア・コーヒー

通常価格 ¥2,500 → オータムセール価格 ¥1,750

 

ジュリア・ブレンド

通常価格 ¥2,000 → オータムセール価格 ¥1,500

 

コロンビア・クニン

通常価格 ¥2,000 → オータムセール価格 ¥1,400

 

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎

 

  • 2016 Sept. 11 新ロースト入荷のお知らせ

 新しい焙煎豆が入荷しました。9月12日より販売開始いたします。今回入荷したコーヒーは、8月26日〜9月2日に焙煎したものです。 どうぞフレッシュなジュリア・コーヒーの香りをお楽しみください。

 

  • 2016 Aug. 9 サマーセールのご案内 終了

この度、夏季限定の特別価格をご用意いたしました。

ジュリア・コーヒーは、ホットはもちろんアイスコーヒーとしてもまた風味は格別です。深みのある甘みとローストナッツのような香ばしさ、心地よい苦味とアフターテイストとともに、爽やかなひとときをお過ごしください。

 

ジュリア・コーヒー 通常価格 ¥2,500→夏季限定価格 ¥2,000

 

ジュリア・ブレンド 通常価格 ¥2,000→夏季限定価格 ¥1,600

 

コロンビア・クニン 通常価格 ¥2,000→夏季限定価格 ¥1,600

 

※9月11日をもって終了いたしました。

 

ご注文はこちらから▶︎▶︎▶︎

 


 

  • 2016 July. 17 新しいローストが入荷しました!

バリ島から新しいローストのジュリア・コーヒー、ジュリア・ブレンド、コロンビア・クニン(イエロー・カツーラ)が入荷しました!今回入荷したコーヒーは、7月3日〜7月11日に焙煎したものです。 

 

ジュリア・コーヒーは、バリ島で直火式焙煎機で焙煎しております。焙煎後は、酸化を防ぎ鮮度を保つため、コーヒーを脱酸素剤と共に二重にパッキングし、空輸しております。

 

より鮮度の高いジュリア・コーヒーをお届けし、より美味しく飲んでいただきたいため、タマン・サリ・コピでは、賞味期限内であっても、焙煎後4ヶ月を過ぎたコーヒーは、販売いたしません。

 

どうぞフレッシュなジュリア・コーヒーの香りをお楽しみ下さい。

 

  • 2016 Jun. 29 ジュリアのアイスコーヒーを。

ジュリア・コーヒーは、冷めると甘みが際立って強くなります。

暑い季節には、ジュリアのアイスコーヒーもぜひお楽しみください。美味しい淹れ方をご紹介いたします。

 

<作り方>

ペーパードリップ急冷法

一人分(できあがり200cc)

 

・豆20g(コーヒー抽出量100cc)

・氷100g

 

1. サーバーに約100gの氷を用意しておく。

2. 20gの豆を細〜中挽きで挽く。

3. 約88〜90度のお湯で、100ccを抽出する。

4. 直ぐに用意しておいた氷の上に注ぎ、スプーンなどを使い、できるだけ高速でかき回す。冷たくなり、氷の量が少しになったら、できあがりです。

 

※素早くかき回すのがポイントです。

※ペーパードリップでの淹れ方の詳細については、ジュリアの美味しい淹れ方をご覧ください。

  • 2016 Jun. 10 ミルをお持ちでないお客さまへ

ジュリア・コーヒーとセラミックミルのお得なセットを発売中です。

贈り物にも最適です。数に限りがありますので、お早めにどうぞ。

 

  • 2016 Apr. 25 イエロー・カツーラの魅力

ジュリアの里、マンガライ(フローレス島)のチョロル谷では「黄色のコロンビア」と呼ばれる珍しい品種も栽培されてきました。1970年代に、カトリックの神父さんが南米から持ってきた「イエロー・カツーラ」という品種です。完熟チェリーが赤ではなく黄色く色づくカツーラ種で、さわやかな酸味が特徴です。

これを、甘みと香りの強いジュリアと組み合わせたところ、よりコクのある、深い味わいに仕上がりました。ジュリアのファンのみなさまも、せひお試しください。

  • 2015 Dec. 25 年末年始のお休みのお知らせ

12月29日から1月5日まで年末年始のお休みとなります。ご注文は受け付けますが、商品の発送は1月6日からとなります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。どうぞ良い新年をお迎えください。

  • 2015 Dec.7 ジュリアハウス・カフェが雑誌に掲載されました。

バリ島ウブドにいらしたときには是非お立ち寄りください。詳しくはこちらを。https://www.facebook.com/juriahousecafe/posts/561978667289057:0

  • 2015 Oct. 18 ジュリアハウス・カフェのワークショップが好評でした。

MIki Takahashiさんが感想を寄せてくれました。

 

ジュリアコーヒーのWSに参加してきました。ティピカ種というアラビカ種の原種の豆を、採取から焙煎、入れ方まで
丁寧に研究を重ねられてきたHさんの愛情のたまもの。普段お酒にはあんまり酔っ払わない私が(笑)、ジュリアコーヒーでは酔っ払っちゃう、、って。本当です!(お茶でも時々酔いますが・笑)

香水の調香師がトップノート、ミドルノート、ラストノートとさまざまなアロマから調合するふくらみのある香りのような。香り、甘さ、苦み、粘り。一種の豆からこれほどの広がりがあるコーヒーが生まれるなんて。写真の真ん中にあるふわふわした泡はアク。これが浮かんだまま落ちないように入れるのがポイントなんですって。

ジュリアコーヒー、日本でも買えるようです。コーヒー好きの皆さまは要チェック。

  • 2015 Oct. 5  バリ島ウブドのジュリアハウスがカフェとして再オープンしました。

これまでバリ島ウブドで、ジュリア・コーヒーの試飲や普及の拠点としてきました「ジュリアの家」(ジュリアハウス)が、「ジュリアハウス・カフェ」として、再オープンいたしました。

オープニングのコーヒーパティーは大盛況でした。

カフェではいつでもジュリア・コーヒーが飲めますので、バリ島にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。美味しいベーガン・ケーキも用意してお待ちしています。

Juria House Cafe

Jl.Sugriwa #3, Ubud,Bali

(日本語Tel) +62 812 3824 6402


  • 2015 Oct. 4 重要なお知らせです。ジュリア・コーヒーのキャンペーン価格は10月15日で終了させていただきます。

これまでジュリア・コーヒーの普及のためにプロモーション価格で販売してきましたが、10月15日のご注文をもって終了し、本来の価格である¥1,800にさせていただきます。

インドネシアでも、徐々にジュリア・コーヒーの素晴らしさが注目されはじめ、現地の取引価格も上がってきています。これは約3年にわたる私たちのプロモーションの成果でもありますし、マンガライのコーヒー生産者にとっても喜ばしいことです。

焙煎豆の価格は上がりますが、今後とも初心のとおり、ジュリア・コーヒーの素晴らしさを多くの方々に伝えていきたいと思っておりますので、皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

  • 2015 Aug 10 ジュリアでアイスコーヒーの逸品を

暑い時には、冷たいものがいいですね。少し贅沢ですが、ジュリアでアイスコーヒーなんていかがでしょう。ジュリアは冷やすと甘さが際立ち、その美味しさをあらためて感じられます。

【作り方】

  1. 1カップ(150cc抽出)の場合、ジュリア・シティロースト(中深煎り)20g、2カップ(300cc抽出)の場合は35g、をやや細かく挽きます。
  2. サーバーには大きめの氷をたくさん入れておき、氷の上に直接抽出します。氷が溶けて水っぽくならないように、素早く氷を取り除いて冷蔵庫に入れ、冷やすとできあがりです。

  • 2015 Aug 3 英文パンフレットとコースターができました。

ジュリア・コーヒーの英文パンフレットができました。また、コースターもできました。バリ島の「ジュリアの家」で使用しています。

 designed by Katerina V.



  • 2015 July 26 新年のお祝い

バリ島では新年のお祝いに、子供たちがガムランと獅子舞で門付けして回ります。ジュリア・ハウスでもお清めをしてもらいました。



  • 2015 July 13 オールド・ティピカを守るために。

Save the Old Coffee treesのFacebookページができました。

https://www.facebook.com/savecoffeetrees

 

ジュリア・コーヒーは戦前からの古い品種で、127年前に東南アジア一帯に拡がったサビ病の大流行を奇跡的に生き抜いた純粋なティピカ種です。ティピカ種は香りと味の良さで抜きん出たコーヒー豆です。ブルーマウンテンやハワイ・コナなどもティピカ種の代表例として知られています。

サビ病が蔓延した当時、インド、スリランカ、ジャワのティピカは全滅したといわれますが、じつは山深い高地では病気にかかることなく生き延びた木もあったのです。しかし近年、政府はより生産性の高いハイブリッド種の栽培を推奨しているため、古い木はどんどん切られつつあります。ハイブリッド種は耐病性を高めるためにロブスター種と交雑しているので、香味は劣ってしまいます。

いま、この貴重なティピカ種を保護しなければ、その素晴らしい味と香りは永遠に失われてしまいます。ジュリアをはじめとするインドネシアの古いコーヒーの木を守る運動にご協力下さい。



  • 2015 July 13 「ジュリアの家」の新しい看板ができました。

バリ島では、新年に当たるガルンガンが始まりました。七夕のような竹飾りを門前に立てて祝います。

ジュリア・ハウスは、ジュリアとマンガライ・コーヒーのインフォセンターとして、新しいスタートを切っています。新しい看板がKaterinaさんによって完成しました。ジュリア・コーヒーが無料で試飲出来ますので、バリ島にお越しの際はぜひお立ち寄りください。



  • 2015 July 04 「ジュリアの家」が再開しました。無料でジュリア・コーヒーを試飲できます。

バリ島ウブドにある「ジュリアの家」が、Joker Cafeの協力によって、再開されました。ジュリアとその産地、フローレス島マンガライ・コーヒーの情報センターです。いつでも焙煎したてのジュリア・コーヒーを無料で試飲することができます。2種類の焙煎度から選んで、ホットとアイスでジュリア・コーヒーをご用意しています。バリ島にお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

新しいロゴも出来上がりました。作者はパッケージデザインをしてくれた、Katerinaさんです。

 

日曜日以外の毎日、10:00ー18:00 開いています。

住所:Jl. Sugriwa  #4, Ubud, Bali, Indonesia(メインのウブド大通りから50mです)

 

The Juria House is now re-opened by the help of Joker Cafe.

From Monday to Saturday,10am to 6 pm,

It will be opened as an Information Center of Juria and Manggarai Coffee.

Also you can try free Juria Coffee by selecting from 2 kinds of of roasting degree and hot or ice.

Stop by when you visit Ubud, Bali Island.

New logo was created by Katerina.



  • 2015 July 01 バリ島のマス村の野外公演にジュリア・コーヒーが特別参加しました。

バリ島ウブドの隣、マス村で開かれた舞踊と音楽と朗読の野外公演に、ジュリア・コーヒーが出されて、招待客に好評でした。満月の夜、夏目漱石の「夢十夜」をテーマにした印象深い公演でしたが、ジュリア・コーヒーもこの公演にトロピカルな香りを添え、特別な一夜になったと思います。



  • 2015 May 14 コーヒーに興味を持つ学生たちが「ジュリアの家」を訪問しました。

今日、コーヒーに興味を持つデンパサールの外国語学校の学生たち20人が「ジュリアの家」を訪問し、ミーティングも開きました。学生たちは、これからコーヒーとビジネスについて6週間学び、「ジュリアの家」でそれを実践します。

来週の月曜日から「ジュリアの家」再開に向けて活動を開始する予定です。ジュリア・コーヒーの売り上げは「ジュリア基金」として積み立て、フローレス島・チョロルのコーヒー農家に届けます。いつか、ジュリアに会うために、みんなでチョロルを訪問したいと考えています。



  • 2015 April 29 鎌倉路地フェスタ2015でジュリア・コーヒーが好評でした。

5月5日まで、鎌倉では第10回路地フェスタが開かれ、たくさんのイベントが行われました。ジュリア・コーヒーが飲める唯一のお店、レインボーステイ・カフェさんも参加しています。ゴールデン・ウィークに鎌倉を散策される方、ぜひお立ち寄りください。

路地フェスタについてはこちらを▶︎▶︎http://roji-kamakura.net/2015/


  • 2015 April 28 バリ島デンパサールでジュリア・コーヒーの試飲とプロモーションが行われました。

いま、インドネシアでもスペシャルティコーヒーへの関心が高まっています。

4月25日、デンパサールの会場に集まったのは、おもに日本語を学ぶ学生たち約40人でした。

ジュリア・コーヒーの産地であるフローレス島マンガライ地方の現状を説明し、実際にジュリアを試飲してもらいました。自国のまだ知られていないコーヒーをプロモーションするにはどうしたらいいか、産地の人々とどのように連携していくべきか、等々熱い議論が続きました。自国の産業について知り、自分たちにも何ができるのかを考えてもらうとてもよい機会になったと思います。




  • 2015 April. 15 日本で初めて、ジュリア・コーヒーを飲めるお店ができました。

鎌倉の山の中にある一軒家のカフェ、レインボーステイ・カフェで、ジュリア・コーヒーを出していただけることになりました。シングルオリジン・コーヒーの芳醇な香りと味を気軽にお試しいただけます。焙煎豆のパックも扱っておりますので、ぜひご利用下さい。

場所はこちらです。http://www.rainbowstay.net





  • 2015 Mar.19 ジュリアの樹を植えたNabortus Gunuさんがお亡くなりになりました。

3月16日、約60年前に、ジュリアの種を植え、ジュリアを育ててこられたNabortus Gunuさん(カルロスさんのお父さん)がお亡くなりになりました。

 

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


まだ現役で畑仕事をされていたときのNabortusさんは、それは働き者で、収穫期は家から離れた山奥の畑のポンドックに泊まり込み、飲まず食わずで寝るのも惜しみながら、人一倍畑仕事をしていたとよく聞きました。いま皆さまにお届けしているジュリアはすべて、Nabortusさんの植えたジュリアの畑 "Camkem"から穫れたものです。

ジュリアの生産者の方々が「先祖から受け継いだジュリアは、神様からの贈りもの」「だからむやみに切ったりはできない」と話してくれたことを思い出します。

Nabortusさんが他界されたいま、ジュリアの樹はカロルスさんファミリーとチョロルの方々にとって、過去、現在、未来を繋ぐ大切な宝ものとして、よりいっそう大切に受け継がれていくのだと思います。

 

Saya turut berduka cita atas meninggalnya Bapak Nober.

 



  • 2015 Mar.19 『ジュリアの家』についてのお知らせです。

『ジュリアの家』は、現地人オーナーへの組織替えが必要となり、現在一時閉店中です。

『新・ジュリアの家』の再開に向けて準備中ですので、しばらくお待ちください。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

  • 2015 Mar.7 バリ島ウブドに『ジュリアの家』がソフトオープンしました

Dear Coffee lovers,

 

We are going to soft-open 'The House for Juria' at Jl.Sugriwa #4 ,Ubud.At this shop/ cafe, we will serve a hand dripped Juria as well as selling the 150g packages.

Also you can get all information on Juria and Manggarai Flores coffee.

Just drop in to have the experience of superve and real good Typica coffee!

We have cold brew of Juria and some surprises.                                                    

You are the most welcome to join us.


Taman Sari Kopi






  • 2015 Feb.8  新入荷いたしました! 新たな焙煎のジュリアがバリ島ウブドよりはるばる届きました。今回は、中浅煎りと中煎りの2種類からお選びいただけいます。ジュリアの繊細な酸味と多様な香りを楽しみたい方は中浅煎りを、まろやかな味わいとトロリとした甘味がお好きな方は中煎りをお求めください。

  • 2015 Jan.3 あけましておめでとうございます。ジュリアの産地、フローレス島のチョロルでは、伝統の新年の儀式が行われました。下の写真は、ジュリア・コーヒーの生産者のリーダー、カロルスさんと、60数年前にジュリアを植えたカロルスのお父さんです。もうひとつの写真は、カロルスさんの家に組合の人々が大勢集まり、新年の会合が開かれているところです。本年もジュリア・コーヒーをどうぞよろしくお願いいたします。

  • 2014 Dec. 06 ジュリア・コーヒーを知っていただくため、渋谷で「ジュリアの集い」を開催。3種類の器具でジュリア・コーヒーを抽出してみました。ペーパードリップ、ネルドリップ、そしてクレバー・コーヒー・ドリッパーで、それぞれの違いを味わっていただきました。また、ジュリアの歴史と品種、最近のコーヒー事情についてもたくさんの質問と意見が寄せられました。初めて飲むジュリアの甘さと奥深い味わいには、みなさま驚きの表情で、とても楽しんでいただけたと思います。


  •  2014 Dec.01 ジュリアご愛飲のK..さん(東京)より、うれしいお便りをいただきました。「コーヒーとても美味しかったです! 私の家では蒸留式のエスプレッソメーカーで淹れるのですが、とてもピュアで苦味が全くなく、大切に育てられた豆と実感できました。バリで栽培や豆の選別に携わっている方々の温かみや手のぬくもりが伝わってくるようでした。コーヒーを飲み終わったあとも家の中が素敵な香りに包まれていて、淹れ終わったコーヒー豆は香り袋などに入れ、玄関先やキッチンに置いて再利用もできますね。ありがとうございました!」
  •  2014 Nov. 19 世田谷区成城でジュリア・コーヒー試飲会を開きました。場所を提供してくださった方、参加してくださった方々、どうもありがとうございました。
  •  2014 Nov. 15 世田谷区桜新町でジュリア・コーヒー試飲会を開きました。ご購入いただいた方、開催にご協力いただいた方、どうもありがとうございました。
  •  2014 Nov. 10 ジュリア初入荷いたしました。いよいよ日本の皆様にお披露目です。ぜひ一度ご賞味ください。